趣味・楽しみ

タンスの肥しをやめて、服の在庫を増えなくするには

f:id:reiwanohikari:20190628004049j:plain

服を捨ててタンスの中はスッキリしたら、次はその状況を維持していく努力が必要です。そのためには、

 

服をレンタルできるサービスを利用するといいです。

 

 

片づけをはじめて、これは着たいと思わないや~と、ときめかなかった服は、残数を考えずとりあえず捨ててきました。

 

 おかげさまで、タンスの引き出しは、ガラガラになりましたが、この秋から冬にかけて、私の着る服は残っているんだろうか?と心配になってきました。

 

そんな折、経済評論家の勝間和代さんが、レンタルサービスの服を着てユーチューブ動画を発信されているのを観ました。

動画の内容もためになる話ばかりなんですが、勝間さんが着てらっしゃる服がとてもお似合いで、イイんです。

 

勝間さんはもと、汚部屋の住人だったのだそうです。片づけたら痩せておしゃれになって、若々しくなられています。

 

へえーレンタルでこんなに素敵な服を送ってもらえるんだ・・って、思いました。

 

勝間さんはサービス精神がおありなので、視聴者からの質問にもすぐに答えてくれます。

それで「エアークローゼット」という、レディースファッション専門の、レンタルサービスを利用していると動画で教えてくれていました。

オンラインファッションレンタル airCloset

ところで、お若いミニマリストさんは、無地のTシャツやモノトーンのカットソーなど数枚の服を日々コーディネイトされてて、へーえと思ってます。

 

いや・・でも・・それは、お若いから、独身だからでしょ、って思ってしまうのです。

コーディネイトに自信がない

私、子育てに忙しい頃は、髪は後ろで束ねるか夏場はショートカット。抱っこした時、赤ちゃんが舐めるのでネックレスなどは普段できませんでした。

 

子育て中は自分の服より、子供服を買うのが先でした。それはそれでよかったんだけど、本当に自分のおしゃれには無頓着でしたね。

 

そんな時期を何年も過ごしてきたので、今回ほとんどの服を捨てたものの、だからこそオシャレしたいなあ・・って思うようになりました。

 

昔の私だったら、オシャレして出かけるところなんて、結婚式に呼ばれるとか、同窓会くらいだったけど、

 

子育て終わってきたので、もっと自分を大切に扱ってもいいよね、日常で着る服もその一つだ、って思うようになりました。

 

だから、同年代の勝間和代さんがレンタルして着てらっしゃる服がとても気になったのです。

といっても勝間さんは5歳くらい私よりお若いです。

エアークローゼットのHPには、対象年齢は30代から40代って書かれていました。(あらら)

オンラインファッションレンタル airCloset

服をレンタルする理由

しかも、勝間さんは有名人で経済的余裕もおありなので、服をレンタルすることも迷いなくできるのでしょう。

こんな田舎に住むオバサンの私は、どこに出かけるあてもないし。スカート履いて家事とかブラウス着てスーパーとか、田舎じゃヘンに思われるかなあと・・。

 

でも普段着とお出かけ着が「同じ」っていうのもいいなと思うのです。

 

●ビフォーは

 

よそいきの服がくたびれてきて、部屋着→パジャマ(時々、部屋着に戻る)格下げになってもいつまでも着ていた私でした。

 

暑い夏、宅配便が来て、ピンポン鳴ったら短パンの上からあわててスカート履いてドアを開けたり。

 

●アフターでは

ヨレヨレになって、もういいと思ったらハサミを入れて「フロス」にする。

 

お役目が終わったものはできるだけ早く手放せるようになりたいと思うようになりました。

 

もしくは、同じ短パンですぐに外出できる、涼し気なオシャレな短パンを履く

何より、タンスの肥しはもうゴメン。

 

だからって、お店に行っても何を着たいのか、似合うのか分からないのです。

 

おしゃれはしたいけど、コレっていう服がわからない。見つけられない。

ので、ちょっと、このレンタルサービスが気になる今日このごろ。

 

服をレンタルする時代

 

  1. 最初のアンケートや着てみた感想をスタイリストさんに伝えていくことで、だんだんと自分好みの服が間違いなく送られて来るようになるのだそうです。
  2. 服ってお店で試着した時と、帰宅して着てみた時と、なんか雰囲気が違うーと思うこともしばしば。似合うと思ったのにイケてないことも。
  3. プランによっては、気に入らなければ返却できます。
  4. レンタルをした服を最後返却する際は洗濯せずに返してOK。

 

似合うかどうかわからない服を、値段の安さで買うのも嫌だし、それが箪笥の肥しになるのも、もうたくさんです。せっかくすっきり過ごせるのだから。

 

もうちょっと頑張ってお金に余裕をつくり、このサービスを利用したいと思う今日この頃です。

 

▼こちらが公式サイト↓↓↓

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村