趣味・楽しみ

収納の天才「押入れ」を夫スペースに改善しました

f:id:reiwanohikari:20190613195525j:plain

最初に。今日は閲覧注意の画像があります。そして愚痴です。

 

今日は意を決して夫に「寝室の押入れの中を片づけたいけど、3段ボックスやあなたの荷物が邪魔で出来ないので、押入れまわりを片づけて欲しい!手伝うから!!」と言いました。

 

 

押入れの中はたいしてモノが入ってないです。

押入れの前にはすのこ板でDIYした棚を二つ並べて置いていたので、押入れのモノの出し入れができなかったのです。

 

そこへ、なんということか。

2年前のこと、夫が、息子がアパートで使っていた3段ボックスを5つをすのこの棚の上に積み上げてしまったのです。

そこへ、書類や草野球のユニホームなどいろいろと押し込んでいまして。

f:id:reiwanohikari:20190713232034j:plain

3段ボックスを4つ横に並べて、さらにその上に3段ボックスを横置きするという、デンジャラスであり、アクロバティックな物置をつくってしまいました。

 

地震が起きたら絶対倒れ落ちる感じで、私寝室で寝るのをやめていたんです。

すると、寝室がほとんどノータッチ状態になってしまいまして。もう汚部屋になっていました。

こんまりさん曰く「日本の押入れは天才」

私は、別の部屋に仮置きしている布団や捨てたくなかった手づくりの子供服などを、押入れに収納したかったのです。

 

こんまりさん曰く、「押入れはふすまで仕切られた小さな部屋」と認識するといいそうです。

 

確かに、リフォームで上段が子供のベッドになったり、パソコンスペースや、鏡を置いてお化粧スペースになったり、変幻自在ですよね。

押入れは工夫次第で素敵な空間に生まれ変わるのです。

 

それで、押入れに手をつけたかったのです。

夫、最初は渋々っぽかったけど、片づけることができました。

 

ベッドの上はマシだったのですが、ベッド上で仕分けしたのでグチャグチャです。途中夫がタバコを吸いに部屋を出たとき写した写真があります。(後日載せるかも)

 

写真を撮るにも気を使います。

 

ひと通り押入れまわりを、二人で仕分けしつつモノをどかしました。

 

そして、3段ボックス4つを押入れに入れました。

夫の衣服&私物収納のスペースにすることに。(こんまりさんの本を参考に、夫の希望もありです)

 
それにしてもゴミだらけで、レシートや街頭でもらったポケットティッシュ。ホテルから持ち帰った、アメニティーグッズなど。

捨てて欲しいんだけど、意地でも捨てない人なので、私は淡々と衣服を畳み直すのみ。モノを捨てたおかげで、カゴやボックスが腐るほど出てきたので、それに小分けしていきました。

 

その時思ったのは、夫って片づけや断捨離に興味ないみたい。わかっていたけど。

自分の服なんだから、自分もたためばいいのに、ぼーっと見ていて私がたたんで渡すのを待っているんです。

 

「アイテム別に分けて置いたらいいよ」と言っても「いーの、いーの」って3段ボックスの棚にバラバラに押し込んでいる。

雑誌もファイルも、立てない。積みたがる人。

 

コンビニの袋の中のレシートなどのゴミを仕分けし始めて、私より重度の捨てられないひと」でした。

 

黄ばんだ肌着が出てきたので、「これどうする?」と一応聞く。

 

すると悩んでる。やっとの思いで「捨てたほうがいいね」と決断したんだけど、私にゴミ袋に入れさせるのです。「もう捨てていいよ」って。誰に言っとるの?

 

めちゃ、腹が立ちました。

 

それでゴミ袋を夫の足元近くに移動して、とっておくもの、捨てるものに分けていきました。そして、自己責任で捨てていただく。

 

夫の会社は、お中元がくると、みんなで山分けして持ち帰ってくるのですが、サラダ油の箱とかそんなものまで寝室に溜め込んでいて(キッチンに持って来いよ)心の声。

 

粗品のラップが出てきたので、このラップもらうよ?と言ったり、タオルは汚れているものは捨てて、ビニールに入っている未使用のもだけとっておくよ?と言ったら

 

素直に「ああ」と返事してくれたり。意外な面もありました。

 

でも、サラダ油の入っていた箱は途中で行方不明になったぞ?きっとまたどこかに隠したんでしょうね。そんな人です、うちの夫は。

 

この片づけいつまで続くのか

 

押入れの隣に、半間分の物入れがあるので寝室の収納はとても広いです。

開かずの扉だったのですが、そこからは私が独身時代に着ていたニット類が出てきました。

ここは数年前にも一度片づけたところだったのです。改めて見てみると、何とクリーニングの袋のまま保管していて、ラベルの名前が私の旧姓でした。

 

もう、お礼と御詫びを言って捨てました。結婚して一度も着ることなく入れっぱなし。

30年以上もほったらかしでごめんなさいって。

他に昭和の頃のカセットテープ。友達に「ダビング」してもらってウォークマンで聴いていたもの。

「オートリバース」で聴けるようになって画期的だったな・・。

 

うちの家には、カセットテープを聴く機械がもうないんですよね。(気づくの遅くね?)

 

そして、つくづく思います。「何の理由があって、あの時捨てなかったのだろう」って。

 

話が長くなったので、終わります。読んでいただきありがとうございます。

ふすまを取り付けた後の画像です。

f:id:reiwanohikari:20190714113816j:plain

 

f:id:reiwanohikari:20190714113751j:plain にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ