ダイエット

55歳小太りの私が20代前半の体重を取り戻した食べ方

それは、ずばり糖質をひかえた食事です。

スポンサーリンク

私は50代156cmです。
26歳で最初の子供を産んでから、30歳すぎてから贅肉がつきはじめました。

ちっとも自分の体を省みず
好きなものばかり食べていた私に
呆れた神様は
生活習慣病を授けて
食べ物を見直すきっかけを与えてくれました。

半年で57kgが48kgになっていました。

食べ物をどう見直したか。
糖質制限というのは
このブログでずっとお伝えしています。

私は病気から糖質制限に入ったので
糖質量を気にしてキチンと制限をしていました。

人は後がなくなって切羽つまると
頑張れるものですね。

人生これからなのに
死にたくないって思ったんです。

それで糖質が多く入っている食材は
食べないようにしました。

心に決めたせいか、
最初はすぐにお腹がすいたりしていましたが
数日で糖質を摂らない食事に慣れていったんです。

それで体調もよくなり血液検査の数値も検査ごとに
よくなっていきました。

糖質制限をはじめて2年過ぎましたが
今では糖質の量を増やして食べられるようになりました。

糖質制限の注意点

自己流だと糖質を制限するとカロリーも制限してしまうので
そこは注意したほうがいいです。

健康に痩せる食事にする

痩せるというのは体重が減ることではないんです。
そのためには

●カロリーはきちんととる
●たんぱく質をはじめ栄養価のあるものを食べる

よく、食べて痩せるという内容の本が出ていますが、
栄養のある食べ物を食べるという趣旨で書かれているだけですから、その辺は心に留めておいてください。

つまり、カロリーばかり気にして
朝食に菓子パン、サラダだけでは栄養不足で
とても痩せるどころではありません。

ましてや「●●だけ」食べて痩せるというのは
信じないほうがいいです。

ダイエットに良い、栄養がある食べ物

ざっくりいうと自然が作り出したものです。
野菜や肉、魚、くだもの、木の実など。

ここで注意したいのは
それらを工場で加工していくと
栄養が壊れた食べ物になります。

エンプティーカロリーに注意

加工食品が多いと食べていても
痩せません。

加工品とは見た目や保存がきくように
保存料を入れたり、
着色をしたり
味を良くするために
糖分をいれたりして味を加工しています。

栄養がないのにカロリーが高い食品のことをエンプティ―カロリーと言います。

でんぷんや砂糖など本来要らないものを
添加した食べ物は
糖質量が多くなり
コクを出すために砂糖が入っています。

砂糖を食べると血糖値が上昇しやすく
太りやすくなるのです。

私の経験から、鏡をみて顔がむくんでいる?丸くなってきたなあ・・と感じた時には
すでに背中に贅肉
ウエストの浮輪
お腹もポッコリなっていました。

なので、歯に衣着せぬ間柄の人から
「ふっくらした?」とか
言われた時は
傷つきますが、
その言葉を境に
ダイエットのお告げ?だと思って健康管理に目を向けたほうがいいですよ。

この糖質制限の食事は、年齢に関係ありません。
どんなに運動しても痩せなかった私が50代過ぎてスルリと痩せましたので。

他にも、巨漢の方が運動せずに痩せたいったと体験談にありますので、あながち嘘ではないと思います。
※ただし、病気の方が自己流で糖質を制限すると危険なので、必ず医師に相談してください。

痩せる食事にトライしてみませんか。

もともとズボラな私は
30歳過ぎたころから
家事も大着になって
どんどん体重が増えていっていましたね。

ちなみに、子供は6人産みました。

背中には脂肪がつき、ブラが食い込んでいるし
Gパンはくとウエストが俗にいう浮輪を作りだします。

ショックだったのは
食事をしている時、
頬の内側の肉を歯で噛んでしまうくらい
顔もパンパンに丸くなっていました。

太ももは歩くたびに
股ずれ?みたいにももずれみたいになります。

そんな私でも、数か月でウエストの浮輪がなくなりました。
糖質制限はたんぱく質をたくさん摂ることを推奨されますので、
シワシワにもなってないですし、

お肌はツヤツヤなのに、すっきり痩せたという感じです。(自分比)

スポンサーリンク