人間関係

貧乏人がいつまでもお金に苦労する理由

お金の憂鬱

お金に苦労する理由があります。

それはお金に嫌われているからです。
なぜ嫌われているかというと、
あなたがお金を好きではないからです。

スポンサーリンク


いいえ、私はお金が好き、、と言ってはいても
実はお金によって得られる「モノ」が好きであったりとか。

お金の匂い、お金の手触り感、お金重み。
お金そのものを愛おしいと思っていなかったから。

お金持ちを妬んでいたり
お金を使う人をただ羨ましがるだけでは

いつまでたってもお金は自分の元にはやってこない。

お金好きに人のところに、お金はやってくる。
こんな法則が。

お金持ちになる前に、お金だけが幸せではないと思っているのは
お金がなくても幸せだと思っていること同じ。
結局どちらも思うように手に入いらない。

それでお金を存分に稼ぐこともできない。

私も、年齢的にこの職種でしか雇ってもらえないだろう、とか
雇ってもらってありがたい、と小さく考えていました。

でも、違った。

いい人ぶるのは、お金を稼ぐ罪悪感を隠していただけ。

心を清らかにするまえに、お金を稼ぐこと、これが大事でした。

実はこれらは、昨日手にした
神田昌典さんの本から得た、お金の流れを作る方法と
私自身が感じたことデス。


非常識な成功法則新装版 お金と自由をもたらす8つの習慣 [ 神田昌典 ]

稼いでいない人に限って
「一生懸命働けば、お金はやがて巡ってくる」
「人様の役に立つことでお金は入ってくる」
そういう良識ぶった標語を隠れ蓑にして

やるべき仕事から逃れている人ばかりなんだとか。(汗)

考え方を変えないと、これからもずっとお金に振り回される。
ということがわかりました。