糖尿病になるって、今の価値観変えたほうがいいよ!という体からのメッセージだと思う

糖尿病です!と言われたあなたのためのブログ

糖質オフのサプリメント

菊芋の粉は血糖値を上げないのか、粉末サプリでイヌリン摂取をお試し

更新日:

菊芋という芋が血糖値を上げないことを聞いたことがあるでしょうか?
菊芋は黄色い花を咲かせるキク科ひまわり属の多年草の一種です。

9月から10月に花を咲かせ、霜が降りる頃の11月から12月に掘り起こします。

イモというより根っこは「ショウガ」に似た形をしています。

じゃがいもやサツマイモなどはでんぷん質のため、血糖値を上げます。
糖尿病の糖質制限では気をつけて食べないといけない野菜です。

ところが菊芋はショウガのような根の部分に
「イヌリン」が多く含まれていて「天然のインシュリン」と呼ばれています。

「イヌリン」が血糖値を下げると言われてるから安心して食べられる食材です。

海外では昔から糖尿病によい食材と言われていたそうです。
アメリカでは多くの兵士が菊芋を食し命が助かったことから「生命の芋」とも呼ばれています。

イヌリンが血糖値を下げる菊芋

菊芋のイヌリンは砂糖やデンプンなど同じ「糖質」になるのですが
人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないため、
イヌリンを摂取しても吸収されずに排出されます。
だから他の芋と違い、食べてもブドウ糖に変化しません。

血糖値は上がりません。

イヌリンは水に溶け易い食物繊維が豊富に含まれています。

イヌリンは食物繊維が豊富なので体内の余分な塩分や有害物質を巻き取って体外に排出してくれる作用があります

イヌリンが多く含まれる食材

菊芋の他に
●ごぼう
●玉ねぎ
●にんにく
●ニラ
●チコリなどに含まれています。

ところが

ごぼう10gと菊芋10gでは、
糖質量は同じ1gなのですが、

「イヌリン」が豊富に含まれているのは菊芋しかありません。
血糖値を上げない食材となると菊芋がダントツなのです。

菊芋の旬は11月~12月。イヌリンを摂取できるサプリメントで補おう

 

 

天然のインシュリンと呼ばれ、日本や欧米で人気のダイエットサポート食品

皮をむいて、千切りにしてごま油でいためてきんぴらにしたり
さっと湯どおししてサラダにして食べると美味しいです。

晩秋にスーパーに出回りますが、お値段は高く感じますね。
糖尿病で菊芋の良さをご存じの方は菊芋のサプリメントでイヌリンを摂取されているようです。

血糖値が上がらないとインスリンの分泌が抑えられます。
糖尿病の人はすい臓が疲弊しているので、すい臓を休めることはとても大切なことなのです。

インスリンは分泌が悪いと血糖を下げることができませんが、
インスリンが出過ぎることも良くないと言われています。

血糖値を上げない唯一の芋である「菊芋」を食べて血糖値を上げない努力をしたいですね。

というわけで、お店に出回る時期には早いので
粉末のサプリメント取り寄せてみました。

 

アイシー製薬会社さんの「菊芋の粉」です。熊本産です。

菊芋と言えば熊本が産地として有名です。

 

IMG_6560

 

中身みえません^_^;

IMG_6561

ふすま粉のような「薄い色」です。

3gとってみました。

IMG_6563

 

 

「粉末」と「サプリタイプ」2種類が販売されていて、私は粉末を選びました。
粉のほうが、お安かったからです^^;

味をたしかめたかったので、お湯に溶かして飲みましたが、無味無臭です。

 

「粉末タイプ」説明書きによると、

1日3g(小さじ1杯程度)を目安にお召し上がり下さい。また、ご飯を炊くときに米2合に対して本品を小さじ1杯入れます。玄米を炊くより簡単に自然食米になります。ご飯以外にもお味噌汁、カレー、ヨーグルト、牛乳など、色々なお料理にもご利用ください。パンやケーキ、お菓子作りに使ってヘルシースウィーツ。

【ご注意】溶けず沈殿するものがありますが、菊芋の繊維質ですので安心してお召し上がりいただけます。

とあるので、3gなら風味を損なうことなくお料理に使ってイヌリンを摂取できますね!

次回は血糖値を測ってみます。

こちらの公式サイトでご確認ください↓


おすすめ

-糖質オフのサプリメント
-, ,

Copyright© 糖尿病です!と言われたあなたのためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.