思考、あり方・考え方

糖質制限中の会席料理を食べないでやり過ごすには?

糖尿病なので糖質制限をしています。糖質制限をしていると披露宴などの会席料理が悩みの種です。

仕出しのお弁当にしても、砂糖やみりん、デンプンなどどれだけ使用されているのかわかりません。

こちらの地方では、年配者の手料理は白砂糖と甘口醤油をつかって、こっくりした煮物をつくる人が多いです。

およばれした時の食事、どうするのがいいかなと考えました。
 

スポンサーリンク

手をつけてないと、ちょっとした知り合いくらいだと、「おいしいよ、食べたら?」「どうして食べないの?」とか「具合悪い?」とか聞かれてしまいます。

私ぐらいの年齢になると、言わないだけで更年期とかいろいろと体調の変化があるときなので

人前で「病気?」とか「体調悪いの?」なんて聞かないほうがいいと思いますが、

「食べない」=「食欲不振」いわゆる病気?となってしまうようです。

見て見ぬふりがありがたいです。

一番いいのは、糖質制限しているので白ご飯はいただきません。などと自分で宣言するのが一番いいのかもしれません。

でも、他人が一番知りたいのは「なぜ?(食べないの)」という部分なので、

カクカクしかじか、ココを説明するのが面倒です。

それから年配の方だと、ご飯(食事)を食べないということは、命にかかわるかのごとく心配されることもあるので言い方に要注意です。

糖質制限を知っている方でも、糖質制限=「食べられない」と思っている人もいて、不憫に思われてしまうこともあります。

自分の意思で食べないだけなんですけどね。

 

私は煮物系には箸をつけないことにしています。

トロミがあるものであれば、それをよけて具だけ食べるとか、

披露宴パーティーだとステーキやお刺身とか糖質オフのメニューもあり、なるべくソースを避けていただくことにしています。

そうそう、九州のお刺身専用のお醤油はさらに甘いんですよ。ブドウ糖やステビア甘草などか添加されています。

 

でも、普段キチンと糖質制限しているなら、たまのおよばれした時の食事なんですから、ドレッシングやステーキソースなど、避けられるものを避けるくらいでいいんじゃないかなと思っています。

 

せっかく豪勢な料理でもてなしてくれているので悪いですし。

デザートのプリンは行儀が悪いけど、先日の法事の会席では二口ほどいただいてスプーンを置きました。器も小さかったので「おのこし」はバレなかった様です。

12月と1月は何かと行事もあって、それに伴いよそで食事をする機会も多いですよね。
誘惑に負けず、食べ過ぎないのが一番ですね。

引き続き毎日の糖質制限食(MEC)を頑張ります。

 

スポンサーリンク

読んでいただきありがとうございます。応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村 健康ブログ 糖質制限食へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ