糖尿病になるって、今の価値観変えたほうがいいよ!という体からのメッセージだと思う

糖尿病です!と言われたあなたのためのブログ

糖質制限

糖尿人のための糖質制限の情報をお医者さんはみな持っているの?

更新日:

糖質制限は糖尿人のためにキチンとした情報で広まっているの?と疑問に思っていたので
地元の糖質制限の先生に聞いてみました。

質問:「糖質制限をしている人が緊急に点滴を受けるとしたら
『糖質制限中です』と言えば適切な点滴をしてくれるのですか?」

すると、
「多くの医師は、糖質制限を意識して点滴する人はいないのが現状」と
おっしゃいました。

先週糖質制限中の息子の上半身に蕁麻疹ができました。
本人が近所の皮膚科を予約してしまって
受診に出かける時にちょうど私が帰宅して見送ったのですが

息子がちゃんと糖質制限中です・・といえるのか心配になりました。
言って理解してくれるのか?
言えないまま、血液検査をされて点滴をされていたら・・

息子がなかなか帰宅しなかったので心配でした。
心配のあまりライン入れたら
「診察はすぐに終わって、コンビニで漫画を読んでいる」と言ったので
安心しました。(^^;)

結局「原因が分からない」ということでお薬だけもらってきました。

このことを糖質制限の先生に尋ねてみると
「糖質制限中と言わなくても、本来のスタンダードな治療(点滴)になるだけなので大きな問題はない」と言われました。

(でもそれは糖尿病ではない人のことでは?)

先生ご自身は糖質制限している医者として、患者さんには〇〇系とアミノ酸系だったかな・・の
点滴をするようにしているそうですが。

私の質問が悪かったのですが、
高血糖の人がブドウ糖液を急に体内に入れると危険なのでは。。と言うと
ブドウ糖液点滴しても血糖値は上がりにくいとも言われている、のだそうです。

私はダイエッターとして糖質制限しているわけではないので
万が一の時の点滴はどうしたらいいかとか、ちょっと考えてしまいました。

日々、新しい情報を自分の中で精査して
取捨選択していく判断力を鍛えておくことでしょうか。

自信を持って糖質制限していると言わないと、
しなくていい治療やお薬をもらうことになります。

やっぱり勉強は必要ですよね。
日々勉強して、違うな、と思ったらその先生とはさよならする勇気も持ち合わせないと・・。
最終的には自己判断しかありませんね。

自分はどのような治療をして
どう健康になりたのか?
自分の体をお医者さん任せしてはいけないということですね。

おすすめ

-糖質制限

Copyright© 糖尿病です!と言われたあなたのためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.