ケトン体

糖質制限で要注意な体の変化

更新日:

糖質制限をはじめた時困るのは
「糖質を制限するには、何を食べたらいいか?」ってことじゃないでしょうか。
私も、とにかくご飯を我慢して最初の数日を過ごしました。

スポンサーリンク
 

糖尿病のお薬飲んでいる人は自己流ではじめてはダメ

私は糖尿病と診断されたものの出された薬は飲んでいませんでした。

その時は書籍も手元に届いていなかったので、
手っ取り早く買ったのはコンビニのローカボのパン。

あと、スーパーに売っている糖質0麺でつくった冷やし中華風も食べたりしていました。

でもねえ、やっぱりお腹がすくんですよねえ。
だからローカボのパンをおやつにも食べて、当時はお世話になりました。

運よく地元に糖質制限の病院があり、予約が取れて診察してもらったのが糖質制限はじめて3週間後。

その頃体重は3~4kg減っていたと思います。

糖質制限は自己流でやると難しい

糖質制限が上手くいっているかは血液検査すればわかります。
後日、検査結果を聞きに行った時に改めて

これから何を食べたていったらいいかレクチャーがありました。

私の糖質制限初期の残念な途中経過とは・・(^^;)

「体重が急激に減っている!!」これはカロリー不足です。

糖質を制限すると筋肉が分解されやすいのだそうです。
筋肉をつくるためにはたんぱく質が必要です。

主治医の見解
たんぱく質が足りてないねぇ
主治医の見解
脂質も足りてないねえ
主治医の見解
脂肪を食べてもそれが直接体の脂肪になるわけではありません。

 

ケトン体値が高い!これは糖質制限が上手くいっている証拠!!(これは素晴らしい!!)

 

糖質制限しても痩せない理由

糖質制限が上手くいかないのは、ついついカロリー制限をしてしまって、
お肉などのたんぱく質が足りていないからです。

エネルギーが不足している状態なので、肝臓が糖というエネルギーを自ら作り出します。
糖ができると筋肉が分解されてしまうので、筋力が低下して、基礎代謝が悪くなり、痩せられないのです。

糖質制限がベース+MEC食だから健康に痩せて続けられています

主治医の見解
糖質を制限しながら肉、卵、チーズを積極的に食べていきましょう。
主治医の見解
お腹がすいたらバター丸かじりしてみてね!
ひまわり母さん
.....@@
主治医の見解
フラフラになるまで空腹を我慢しちゃダメ。お腹すいたら卵を5個以上、10個くらい食べられるといいね~そして、ゆっくり噛んで!ゆっくり噛むと満腹になるよ。そのほうが栄養もしっかり吸収されます。自然と暴飲暴食が収まります

と、いうアドバイス。

ケトン体が健康に痩せるカギでした

糖質制限が上手くいく秘訣は、いかにケトン体質になるかなんです。
これは糖質摂取を減らすことですぐにケトン体質に変わります。

糖質制限により、体内にぶどう糖というエネルギーが入ってこないので、溜め込んだ脂肪から先に燃焼させてエネルギーにします。
それで効率よく痩せられるというメカニズムがあるのです。

糖質制限していて、急に体重が減ったというのはカロリー不足で、よろしくないです。
食べ方を改善しないと筋力も体力も落ちて痩せられなくなります。

まとめ

糖尿病でないと、糖質制限の病院を受診する機会はないと思いますが、できるだけ専門家に診てもらった方がいいと思います。
本を読んだだけではわからないところがわかるようになります。

何より、目的をキチンと把握することで(ダイエットなのか、体質改善か、糖尿病を安定させたいのか)あなたに合った食べ方を教えてくれると思います。

スポンサーリンク
 

 

読んでいただき励みになります。いろんなことを頑張っておられる方のブログがあります。 にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへにほんブログ村 健康ブログ 糖質制限食へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

-ケトン体

Copyright© ずっと続けていきたい糖質オフの暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.