ダイエット

糖質オフダイエットの鍵を握るホルモンの働きを知っておこう

糖質制限

糖質オフで痩せるために大事なコトは
インスリンというホルモンの働きを知っておくことです。

スポンサーリンク


 

インスリンとは・・

インスリンとはすい臓から分泌されるホルモンです。
唯一、血糖値を下げるために分泌されるホルモンで

食後上がり過ぎた血糖値を下げる役割をもっています。

このインスリンは別名肥満ホルモンと呼ばれていて、
糖質を摂り過ぎて
処理しきれないブドウ糖を
体脂肪に変える働きも持っているんです。

それが毎日つみかさなると
生活習慣病や肥満につながるのです。

糖質を制限とは、インスリンの過剰な分泌を
抑えることができる食事のことです。

糖質の摂取を控えるとは

糖質が多く含まれるものに
ごはんやパン、麺類や清涼飲料水
ケーキなどのスウィーツ類があります。

これらを食べ控えるだけで
あとは肉や魚など
糖質量の少ないものを
食べることができます。

たんぱく質や脂質は
それほど気せずに摂取OKで

バターやラードなどは食べていいんです。

なのでお腹いっぱいになることができ
満足感が出ます。

今までのカロリー制限とは真逆の
お腹いっぱい食べて痩せる食事です。

お腹いっぱい食べることと
痩せることが同時に叶うので
たくさんの方がトライする人が増えたのですね。

もとは糖尿病の方のための
食事でしたが

今はアスリートや肥満の人
健康な人も取り組んいますね。

実践していくことで
自分に合った食事に変わってけるのだと思います。

基本は、お腹いっぱいになって
痩せるというところでs。

ぜったいあり得ないと思っていた人でも
やればすぐに結果が現れるのです。

インスリンをはじめ
体の中で食べたものが
どのようにエネルギーに変わっていくのか
インスリンの働きを知っておくことが
痩せる食事のコツですね。

スポンサーリンク