趣味・楽しみ

糖質オフの暮らしで変化したことは

糖質制限食をはじめて
変わったのが、体型もですが
価値観も変化しました。

スポンサーリンク


特にそれまでは
料理に関してはとても真面目すぎていました。

冷凍食品はNGにしていたので
買ってしまうと罪悪感がありました。

できるだけ手づくりで、と思っていたので
おいしそうなお惣菜が並んでいて
今日くらいは手軽しようと、買ったものの
罪悪感。

コンビニで食品を買うと割高になるので
コンビニに入るのは年に数回。

添加物が心配とか
いろいろ信じるものが多すぎて

かえって料理が食べるのも作るのも
面倒に感じた時期があったんです。

でも、糖質制限に出会って
どうにかして
合併症から免れ
健康になりたいと思ってから
食に対する考え方が変わりました。

世の中の情報は
千差万別で

真逆の立場からの見解を述べていることもあれば
よくよく聞いてみると、同じことを言っていることもあります。

でもそう感じるのは
自分自身が迷っているからなのかもしれません。

迷うといろんな情報をダダ漏れ的に
受け取ってしまいます。

私は自分の体のために
糖質制限を「やってみる」しかありませんでした。

糖質制限は健康になるための
食事療法なので
自分の意思ではじめることができ
やめることもできます。

自分の体や心を理解するのは
自分だ、と感じることができます。

だから、知人から
糖質制限でおいしいものを
食べられなくてカワイソウなんて言われても
自分をカワイソウなんて思いませんでした。

美味しいという定義さえ
自分の中でひっくり返ったからです。

料理上手=いいお母さんも
やめました。

何より

あれを買ったら痩せるとか
あれを食べたら●●が良くなるとか
情報に惑わされるのではなく

実勢にやってみた人が
結果体調がよくなったり、痩せたりして
そして、それをこうやって発信できる。

そして、その情報を受け取った人が
試してみる

こうやって自分が変わったことで
周りの人も変化していることを
感じられるようになりました。

スポンサーリンク