血糖値測定器があると、自分で血糖値を測ることができて便利です。

糖尿病早期発見するには空腹時と食後の血糖値を自己測定

空腹時の血糖値と食後の血糖値を計ることで
何をどれだけ食べたら血糖値が上がるのか分かります。
血糖値の上昇パターンがを知ることができるのです!
合併症を引き起こすのは

食前と食後の血糖値の差が激しいほど(グルコーススパイク)
血管が傷つけられ、合併症を引き起こすと言われています。
だから血糖値が上がる糖質摂取を控える食事を摂りながら
血糖値を自己管理していくのが、

これからの健康的な糖尿病との付き合い方です。


スポンサーリンク
 

糖質を制限する糖質制限食を実践している方の間では
自分で血糖値を測ってらっしゃる方が多いようです。

 

健康診断の食前の血糖値が高かった方、
HbA1cの数値を指摘された方は
自分で計ってみるといいと思います。
日本の健康診断では食前の血糖値しか測らないので
自覚症状が現れた時は

食後の血糖値があがっていて即「糖尿病」と診断されるからです。

 

健康診断で血糖値に異常がなくても、

食後の血糖値を知ることで

「かくれ糖尿病」「糖尿病予備軍」

みつけることができます。

 

糖尿病の方は、測定してみると、

市販の糖質オフのものでも

意外に血糖値が上がってしまったり、とか

いろいろ気づくことができますよ。
私も血糖値を自分で測る測定器を取り寄せました!

 

血糖値・自己測定器はニプロのトゥルーピコ(測定器本体)購入するには

ニプロのトゥルーピコ(測定器本体)です。
数ある血糖値計測器の中で比較的安価です。
税込みで3700円台~4000円です。(測定器本体とケース)
これはネット通販で買うことができます。

 

トゥルーピコはピンク、ブルー、ブラックの種類があります。
サイズは世界最小の測定器です。
黒い収納ケースもついていました。

でも、これだけでは自分の血糖値は測れませんの。

 

別売り・ニプロLsランセットの買い方と使い方

画像奥のピンクの箱にあるステック状のものが
穿刺(せんし)=針が必要です。

 

これは別売りでネットショップで買えます。
ひと箱(25本入り)で600円前後で売ってあります。

ニプロ血糖値自己測定器

白い棒のところを支えながら持って、
ピンクの本体を時計まわりに3、4回グリグリと回します。
すると中で針がセットされる仕組みになっています。
針が怖い方、外からは尖った針先は見えないようになっているので、安心してください。

二プロLSランセット針

白い棒(ピン)を抜いて

ピンクの先を指先にあてて採血します。
使い捨てなので一度刺すと、

二回目は刺すことができません。
針はむきだしにならないので、

誤って刺すこともありません。

上使用前
下使用済み

ニプロ針

この穿刺(針)は
他のメーカーのよりも針のサイズが細いようで
採血の量も少なくてすむし
何より縫い物中に誤って針で指を刺すより、

はるかに痛くありません。
チク~~~ではなくて、チク、もしくはチくらい(個人の感想ですが)

 

ペンシルをノックするような縦型ではなくて
横にボタンがついているので
軽く横から挟む様に押すと針が出てきます。

 

 

この針もネットでも購入できます。

 

ニプロトゥルーピコ「センサー」は通販で買えない

もう一つ揃えないといけません。
採血しても「センサー」がないと、

血糖値は測れないのです。
丸い入れ物で白字に緑のラベルの容器を

「センサー」と呼びます。↓

 

面倒なことに、センサーはネットショップでは買えません。


薬事法が変わり「高度医療器具販売業」の

資格を持っている薬局でしか買えなくなったのです。

 

だからネット通販で測定器本体も、針も買えるのに、
このセンサーは買えないショップばかりです。
資格をもっている薬局で取り寄せなどして

購入しなければなりません。

 

丸い容器の中に30枚のチップが入っています。
一枚ずつセットして、採血して血糖値を計ります。

IMG_6080

ニプロトゥルーピコ

↑トゥルーピコのピンク(本体)に「センサー」にセットしたところです。

血糖値自己測定器は3点揃わないと測れない

血糖値を自分で測るには、

「測定器本体」「穿刺(せんし)」「センサー」との3つが必要です。

 

くれぐれも「センサー」は

通販では買えないことを憶えておいてくださいね。
注文したら「センサー」と「穿刺(せんし)」

だけが届いて、採血するも測れなかった。
ということがあるようです。ややこしいですね。

 

要するに、血糖値を自分で測る人が増えると

困る人がいるということですね。

 

炭水化物(糖質)だけが血糖値を上げ、

肉魚などのたんぱく質は

血糖値を上げないということを、

身をもって実感する人が出てくると

今までの糖尿病治療=カロリー制限食が崩壊するからです。

 

 

 

トゥルーピコセンサーの1枚のお値段は

薬局の仕入れによって、価格が違います。
定価だと1枚あたり100円前後です。
他のメーカーのセンサーだと120円くらいするので

トゥルーピコは割安です。
糖質制限と自己測定を推奨している、
内科のある薬局だともう少し安価に買えるようです。

 

私は税込みで1枚あたりを70円ちょっとで

購入することができています。
薬局で確認したほうがいいです。
アメリカは自己管理能力が高いからか、

(タバコを吸う人や、太った人は出世できない、と言われています)
血糖値自己測定器はスーパーやドラックストアで

日本より安価で買えるそうです。

スポンサーリンク
 

 

ニプロLsランセット(針)は勝手に廃棄はできません

通販で買える「針」ですが、

使用後は医療廃棄物扱いになるので、

自宅のゴミ箱なんかに捨ててはいけません。(※要注意です)

 

お住まいの自治体に尋ねてみるか

薬局で引き取ってくれるか確認して処分しましょう。

 

私はかかりつけの糖質制限の病院さんに

無料で引き取っていただいています。
あっという間に溜まってしまうので、ありがたいです。

まとめ・トゥルーピコの特徴と使い勝手

測定準備

センサーを本体にセットすると、自動的に電源が入ります。
システムチェックが行われ「しずく」みたいなマークが出たら測定可能です。

測定記憶

測定したら99回分自動記憶してくれます

小型なので液晶画面一杯の文字表示で、数字の上の方が見えにくいです。
9か7か?6か8か?数値が出るとイロイロと傾けて数値を確認しています。(>_<)

自分の健康は自分で守る時代

糖尿病の方や予備軍で不安な方も
健康診断だけではなく
自分で食後の血糖値を計ってみることをおすすめします。

 

体温計のように、一家にひとつ置いておきたいですよね。
私は自分の血糖値がいくらかを知ることで
食事について考えるようになりました。

 

糖尿病で糖質制限しているなら、食後の血糖値を調べることで
糖質の摂取量と血糖値をコントロールできるようになります。


スポンサーリンク
 

ふすまパンが意外に血糖値を上げていたり
お肉は血糖値が上がらなかったり、体の中のことを知ることができますよ。
健康な人でも食後の血糖値は上がっています。
糖尿病は血糖値で自己測定器で早期発見、予防する時代です。

 

糖尿病で糖質制限するなら血糖値測定器は血糖値を知るために
持っておいたほうが便利です。

 

【あす楽】ニプロLSランセット 30G 1.0mm 25本入×1箱【穿刺針】【採血用針】 【穿刺器+穿刺針内蔵ランセット】【血糖値測定用針】【ニプロランセット】【穿刺針】【グルコース測定器】【血糖値】【自己血糖値測定器】