自分を大切にする

病は気から。なぜ病気になるのか

病は気から

糖尿病は治らないと言われています。
すい臓は一度壊れると回復しないからなんです。

糖尿病になると
一生付き合っていかねばならないです。

スポンサーリンク


 

お医者さんから病気の診断が下されると
ほんと、悲しいですね。

しかも、2型糖尿病って
昔は贅沢病とかも言われていて
生活習慣病のひとつです。

私もまだ2型導尿病ですと、いろんな方に
カミングアウトする勇気はありません。

ちょっと、予備軍でとか
健康のため糖質制限しているんです。と
伝えることのほうが多いかな。

なんか、食生活が乱れていたんですね、あなたと
非難されそうで、コワい。というか、

自分のだらしないところとか
食い意地の張っていたところ

自分でも気づいたところが
他人にもバレてしまうようで、
言えないですね。

でも、最近イチイチ言わなくてもいいかなと
思っているんです。

私病気なんです!って
言えばいうほど
そういう目で見られて

かわいそうだねとか
大変だねとか
思われてしまいそうだから。

同情されればされるほど
私は生活習慣病で
病気になった私です。
って自分の中の
被害者意識が大きくなると
思うからです。

カミングアウトできないのが
私の弱いところ・・。

ところで

病気って、外からなるモノではないです。

病気は体の中で起きていること。

考え方や食べ物を変えるだけで
治らないと言われている病気でも

それ以上ひどくならないとか
寛解する可能性も大です。

カップラーメンは体に悪いはずなのに

ところで、

NHKのドラマ
「まんぷく」のモデルである、
チキンラーメンやカップヌールを開発した
日清食品の創業者安藤百福氏は
晩年も毎日チキンラーメンを食べていたそうです。
90過ぎてもお元気でした。

インスタント食品は体に悪いとか言われてますけど、
それは、体に悪いと思って食べるから
本当に体に悪いのだと思います。

食べ物に対する感謝とかそんな気持ちがあれば
きっと、自分への栄養になるのでしょうね。

安藤氏は、ひもじい思いをしている人のために
忙しい主婦のために
美味しいものをすぐに食べてもらいたいという
食を通して、人を幸せにする商品を
開発しました。

安藤氏が自分の作りだしたものを毎日
食べていたということは、
食に対する感謝があったのだろうと
考えます。

そして、バランスよく食べられていたのだと思います。

病気は気のゆがみから

余談になりますが、

病気は気のゆがみ、考え方を改めなさいという、
体の中からのお知らせです。

●肩こり・・物事を考えすぎて重荷を自分で背負ってしまっている。
     キャパ以上の仕事を引き受けてしまっていることがあります。

●胃腸が弱い・・食べ物への感謝が足りない。暴飲暴食。

●腎臓・・不安症。まだ起きていないことにもナーバスになってしまう人。

●肺・・疑り深く素直になれない人。「はい」と素直に言えない人。

●肝臓・・細かいことにこだわり過ぎる。怒りの臓器。怒ってばかりの人

●難聴・・人の言う事をうるさいと思っていると、聞きたくないが「聞こえない」になる。

●糖尿病・・目上の人を押しのける我の強い人。夫を立てない妻とか(私か?泣)
      次男、三男なのに、事情は何にせよ長子ではないのに家を継ぐことになるような人。
      課長の器なのに力のある人を押しのけて社長になりたがる人。

どうでしょうか、信じる信じないはあなた次第。

そうかも。。と感じたら、自身のあり方を変えていくことで
病気が病気でなくなるかもしれません。

スポンサーリンク