糖質オフのおかず

残暑に負けない野菜たっぷり糖質オフの野菜スープ

糖質オフスープ

クックフォーミーエキスプレスの圧力調理で、野菜スープをつくることにハマっています。

スポンサーリンク

何が良いかって、電気調理なのでほったらかしで出来上がることです。
クックフォーミーは高価だったけど、便利で重宝している調理家電です。

夏野菜 糖質オフスープ 塩スープ 夏バテ返上

今日使った材料

トマト2個
玉ねぎ 1/2
ナス  1本
マイタケ 少量
ぶなしめじ 少量
かぼちゃ  少量
手羽元 8本
水  材料の半分くらいの高さ
塩  6gほど
オリーブオイル 適量

今回は水を足して、汁多めにしました。

冷蔵の残りものでOKです。

お肉は牛でも豚でも何でもOK。お好みで。

調味料の糖質量に注意

糖質制限を長年やってきているので味付けは塩のみです。そのほうが野菜のうまみを感じられてとても美味しいです。野菜と手羽から出汁が出てほんとに塩のみで充分。

9月といっても、残暑というよりまだまだ酷暑。朝晩は気温が下がって、一日の温度差が激しく知らぬまに体力を消耗しています。

糖質制限をはじめた頃は糖質量が多い、かぼちゃや人参ごぼうなどの穀物を食べるのが怖くなって、控えていたことがありました。

その頃のおかげで、糖質オフの食事をなるべく手づくりするようにしています。

手づくりだから考えて作り、食べる

夏野菜は夏に食べるだけあって、水分が多く含まれていて体の熱を下げることができるのだそうです。かぼちゃにはベータカロティンと言って、体の粘膜をつくる栄養素が豊富に含まれていて、のどの粘膜を保護します。夏風邪予防に食べたいです。

今日はトマトを入れたので、トマトの酸味が酸辣湯のようで、絶妙でした。体の疲れを癒してくれます。

あまり汗をかくことがないので、食べると汗をかくこのスープが私の糖質オフでありながらスタミナスープになりました。

糖質オフの食事で気をつけることは、食べるものの栄養と量をちゃんと考えることです。

ドレッシングなど加工食品に含まれる砂糖などの人工的な砂糖の量を気にした方がだんぜん体によい食事をしていると今は思っています。

市販のお菓子は食べませんし、飲み物はお茶か水かコーヒーくらいです。砂糖の入ったペットボトル飲料は飲みません。

だから肉や魚、豆腐などのたんぱく質と野菜で栄養をたくさん摂りましょう。

アレンジ

塩のみなので、残っても翌日カレーパウダーを入れてカレースープにしたりします。お味噌を少し足すことで、味噌スープにもなります。

私は何でもありな性格なので、豆腐を入れたり、豚肉が入っている時は豚汁にしてしまいます。

糖質制限とは炭水化物を控えるだけでなく、肉や魚からたんぱく質を摂ることが大事なんです。そして野菜からビタミンやミネラル類を摂ることです。

あと気をつけたいのは、加工食品に含まれている糖質量です。だから塩のみのほうがいい。

圧力なべがない時は

圧力なべがない時は、ふつうの鍋でもフタがあれば蒸煮でつくれます。私はクックフォーミーを買う前は無水鍋でつくっていました。

食事では栄養を摂ることが大事です。

スポンサーリンク