片づけ

次々と空になった大量の収納ケース

f:id:reiwanohikari:20190610205050j:plain

明日はゴミの日です。指定ゴミ袋10袋をゴミステーションに持っていきました。うち1袋がこの3日間で出た生活生ごみです。9袋はガラクタです。

 

 

こんまりさんは本の中で「片づけ」はいつか終わります。と書かれているんです。なぜなら、家の中のモノは有限だから。

 

そう・・頭ではわかっているんですが、家に入ってくるもの(買うモノ)がまだ多すぎるようで追いつかないでいます。

 

とくに、週末食料品の買い物に夫と行くので、夫が安いものとかポイポイカかごに入れるので、この暮らし方をなんとか脱出したいのです。

 

夫は定年間近で休みの日はずーっとテレビの前でゴロゴロ。家庭菜園も天気が悪くてやっていないし、どこかに遊びに行こうと誘ってもお金が無いし面倒とか言うのです。

 

退職して家に居る様になったら、絶対この夫は粗大ゴミ化しそう、という妻の懸念があり、週末の買い物をささやかな楽しみとして、連れ出している次第です。

 

話がそれました。

 

それでも腹をくくって、どんどんモノを手放していったら、衣装ケースが空になりました。片づけ中の和室に大量に山積みしています。

 

 

わが家のモノの多さにも驚くのですが、収納ケースの多さにも驚いています。

 

自分の服をはじめ子供服、雑誌、文庫本、資格試験のセミナーでもらった資料や教材。家中のほどんどのモノが私が主導権を握って選んだり、買ってきたもの。

 

そう考えると、私って物欲が大ありなんだなと思ってしまうのです。

 

でもいいじゃないですか、私みたいな浪費家がいるから経済は発展してきたのです。

 

よく片づけの前に収納用品は買わないこと、と鉄則があると思いますが、これは本当に正解です。

 

家中の片づけをやっていくと、空き箱、段ボール箱、収納ケースなど「入れ物」がたーくさん出てくるんですね、これ実感しました。ほんと買わなくていいです。

 

慌てて買わなくてもいいし、収納ケースや段ボール箱が空になったからといって早々に捨てなくてもいいです。

 

が。うちの場合は、空になった収納ケースが大量に出てきて作業ができないくらい邪魔なので、ゴミ施設に有料で引き取ってもらうことにします。

 

「捨てる」ことって、ネガティブに考えれば気持ちがますますネガティブになっていく様ですよ。

 

でも、次々に空になっていく収納ケースをみると、「ああこれだけ、自分で抱え込んでいた不要なものを自分の意思で手放してきたんだ」と考えることで

 

心は「スッキリ!!!」です。

 

 

 

当面の目標は嫁いだ娘がお盆に夫婦で初帰省するはずだから、カオスな和室を「泊まっていってね」と言えるまで片づけること。

 

時間が迫ってきたので、片づけをがんばります。家族のために。自分のために。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ