趣味・楽しみ

柿の甘みと糖質で思い出したこと

今日は冷たい冷たい雨がふり
寒い一日でした。

毎週末、忘年会やパーティーなど
食事会の行事が続いています。

糖尿病で糖質制限していると
ちゃんとカミングアウトしていないと
食事でのお付き合いが大変です。

今日はある会合の後の会食で
お隣に座った方がフルーツのオードブルから
「柿」を私のお皿にとってくださったので
1/4個分ほどの柿を食べました。

元のサイズが大きな柿なようで、
(1/8等分でもよかったんじゃない?)と思ったくらい
大きくカットされていたんです。

糖質制限をはじめて避けていた果物。
仕方がないので、
ありがたくゆっくり噛んで食べました。

私の食生活の中で果物は
毎日食べなければいけないもの、ではなくなっていました。

わたしが食べている果物は
アボカドくらいです。

アボカドの糖質含有量は1個あたり
0.9gほどです。

柿の糖質含有量は100g中14gはあります。
特に最近の果物は改良されて糖度も高くなっているので
糖尿病で糖質制限をしているなら
食べ過ぎないほうがいいですね。

それでも久しぶりの柿は、大変おいしかったです。

私の実家は田舎で
どこのお宅の庭にも柿の木がありました。

子供の頃、実家の裏庭に何本もの柿の木があり
季節になればただで食べられる果物なので・・
だんだんと、ありがたみがなくなったんですよね・・・。(汗)

「せっかく熟れているからちぎってきたのに、だれも食べん」
もったいないと父が嘆いたことがあります。

柿を食べたことで
子供の頃のことを思い出しました。

そうそう、父も糖尿病でした。

今日もお読みいただきありがとうございます。