映画

旅猫リポート鑑賞で考えたこと/サバ缶でお助け糖質オフ料理

旅猫リポートを観て

遅ればせながら「旅猫リポート」を観てきました。

感想であり、考えたことです。

スポンサーリンク


 

自分の年齢も関係していると思うのですが、
猫を飼っている身として非常に考えさせられる映画でした。

いろんなテーマが凝縮されている映画だったんです。

猫を飼う事
いのち
人と動物との絆
家族、、などなど

わが家に猫を迎え入れる時に、
猫を最後まで自分(ち)の猫として
最期まで面倒見切れるか・・そうでなかった時は・・。

映画猫旅リポートとは、ある事情で猫を飼えなくなった悟(福士蒼汰)が
元野良猫ナナ(声・高畑充希)を車で連れて
新しい飼い主を探して各地にいる旧友たちに
会いにいくストーリー。

私ももう50代半ばです。最近の猫(室内飼い)は長生きです。
うちでも猫を飼っています。

だから、いつ事情があって、
飼いたくても飼えなくなる日

誰かに飼ってもらわなくては
ならない日がくるのかもしれません。

私には家族がいるので、
家族が私の代わりに世話をしてくれるとは思いますが、
その時になってみないとわかりません。

うちの猫が私を(私たち家族を)、
「最初で最後の飼い主だ」と
思ってくれているかは、わかりません。

だからこそ、そう思ってくれるように
毎日、毎日一緒に仲よく過ごすしかありません。

私は、糖質制限をはじめて1年以上経ちました。
体調は良好です。

しかし、食事療法のひとつであり
不老不死の治療法ではないんですよね。

自分を信じて、
自分の体をいたわりながら
食事をしていくだけです。

猫を含む家族のためにもいつまでも健康でありたい。

うちの猫も先日3歳の誕生日を迎えました。
人間の年齢に例えれば、
うちの末っ子の歳を追い越し、
とうとう長女の年齢に追いついてしまいました。
あと何年かすれば、私たち夫婦の年齢と同じになり、
すぐに追い越すのでしょう。

動物は歳をとるのが早いので人生(猫生?)の流れも早いのですね。

この映画は涙なくしては観れませんでした。

涙が乾かないまま映画館から帰宅して、
私はぎゅっと愛猫を抱きしめたのでした。

生きているから愛している気持ち
愛されているという気持ちを感じることができるんですよね。

手抜き糖質制限なおかず・サバ缶でマグカップスープ

さてさて

お昼は昨日買ったサバ缶で、マグカップで簡単につくれる
サバ缶スープをつくりました。

先日テレビでやっていてすぐに何度か作りました。

サバ缶は今年大ブームですが、
糖質制限者には随分前から重宝されている
栄養満点の食材なんです。

糖質制限では水煮缶がおすすめ。

1年前は年中99円で買えていたのに、
今年は安値でも128円で、
よく売り切れていたりでブームになるのは困りますね。

作り方は、マグカップにしめじ、
マイタケを少々入れ、サバ缶のサバを汁ごと入れます。
卵一つを割っていれて水を少々。

ラップをふんわりかけて、
電子レンジ500W2分~3分(様子をみながら)チン!しました。

おかずのひとつとして、小腹がすいた時、つくるのが面倒くさい時。など便利ですよ。

スポンサーリンク

読んでいただきありがとうございます。応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村 健康ブログ 糖質制限食へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ