片づけ

冷蔵庫を片づけたら作り置きおかずを頑張らないことにしました 4日目

物が多いところは、モノの数だけ迷いがあって捨てることに時間がかかります。

なので狭い空間から始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

例えば、

●冷蔵庫

●引き出し1段

●トイレ

●洗面台の下の扉など

●玄関

リビングは空間が広くて家族共有のものが雑多にあるので、難しいです。子供部屋や夫のモノは自分のものではないので、捨ててはNGですよね。

どうしてもリビングをしたいなら、一日に引き出し1段ずつがいいと思います。

狭い空間であるトイレはモノが少ないので片づけが早く完結しますよ!

早く完結すると、達成感も早いです。

これを積み重ねていくのが、片づけの最短距離だと思ってます。

私は、

 冷蔵庫の片づけからがうまくいきました

私がようやく習慣化されてきたのが、冷蔵庫の断捨離です。

買い物に行く前日に、冷蔵庫内を片づけるようにしました。在庫チェックにもなりますよね。モノが減ると掃除もしやすいです。特に暑い時期は食品を出して掃除するので、テキパキとしなければなりません。

ドアを開けたらすぐさま

賞味期限が切れたもの

食べ残しのおかず

これらをチェック!

で、冷蔵庫の断捨離を習慣化できるようになって、気づいたことがあります。

おかずの作り置きが自分に向いてないことがわかってきました。

美味しいものは食べて無くなり、味付けがイマイチだと食卓に出すのが後回しになってたんです。

なにかと「つくりおきおかず」がもてはやされている今日この頃ですが、私はつくり置きは苦手なのに、時短だと思ってやっていたんです。

でも実際には、何種類か作るため時間もかかっています。働いているのでまとまった時間が本当はないのです。ラクしたいはずが、作り置きに手間をかけていました。

それに作り立ての料理のほうが断然おいしい!!そんなことに気づきました。

だって、つくり置きしてたら、おいしいおかずはすくに食べてなくなるし、作り置きの

意味がなく、

ハズレたものは、食卓に出してもなんとなく家族の箸の進み具合が違う。

だからせいぜい前の日にお弁当のおかずを下ごしらえしておく程度です。

自分だけの意思決定で捨てるか、残しておくかを決められるところ。そこからはじめるのがいいですね。そして自分が「何に捉われているのか」がわかってきます。

こんな自分に気づける片づけってすごい、と思いました。

また気づきを書きますね。

スポンサーリンク