暮らしの情報

ムカデ室内の駆除対策はスプレーで・噛まれた時は薬でいい?

ムカデの毒はとても危険です。
予防策と万が一噛まれた場合の応急処置についてまとめました。

スポンサーリンク

ムカデに噛まれた時の自宅での応急処置

ムカデに噛まれると
太い針が刺さったような痛みを伴います。大人も悲鳴を上げるくらいです。

すぐに赤く腫れていきます。早急に応急処置をしましょう。

ムカデの毒は熱に弱いので
噛まれた患部にできるだけ熱いお湯をかけてください。

温度は体温より少し高いくらいの温度です。

シャワーやお湯が出る蛇口から
患部を温めるようにしばらくお湯を流しかけます。

噛まれた体の部位によって難しい時は
熱いおしぼりタオルを作って
噛まれた部位をあたためるなどしてください。

これはあくまでも応急処置です。
ムカデに噛まれたら病院に行ってください。

ムカデに噛まれたら応急処置だけで大丈夫?

ムカデはスズメバチに刺された時と同じで、
ムカデの毒でショック症状を起こすことがあります。

アナフィラキシーショックといい、
1度めよりも2度目に噛まれた時に
大きなアレルギー反応を起こすことがあります。
アナフィラキシーショックは命にかかわります。

ムカデに噛まれた時は何科を受診

受診する科は皮膚科です。

科が違うと、毒虫、毒蛇に噛まれたり刺された時の
処置を知らない医師もいるようです。

ムカデの毒の怖さを知らない方もいるそうなんです。

わが家は農村地帯にあります。
ムカデ、マムシ、スズメバチによる被害を想定されているからか、個人病院でも「血清」が準備されています。

万が一のため「血清」が準備されている病院であるか事前にHPで調べておきましょう。

ムカデに噛まれた時の処置ができる病院であるのか調べておくのがいいです。

噛まれる前のムカデ対策

ムカデに噛まれない予防策はないのでしょうか?
洗濯したズボンの内側に隠れていたり、畳んだタオルの中からゴソゴソ出てきたという方も多いのです。
ムカデの毒は強いので赤ちゃんやペットがいるご家庭では特に注意したいです。

ムカデの好む環境をつくらない工夫を

ムカデは暗くて湿気のある場所が好きです。
屋内であればキッチンの排水溝の近く、お風呂の脱衣所の近くに潜んでいることが多いです。物が多い部屋だとすぐにゴソゴソと逃げて隠れてしまいます。

こまめな掃除、物を置かないなど工夫するのが大切です。

ムカデは生命力が強い

ムカデは雑食です。人間の食べ残した残飯を食べます。
魚肉ソーセージなども食べます。

水分があれば生き延びることができる強い生命力があります。

ムカデの侵入口を閉鎖する

ムカデはたくさんの足とクネクネした体で、人間には考えられないわずか数ミリの隙間からも室内に侵入することができます。お風呂の排水口から上がってくる場合もあります。

数ミリの壁のすき間に隠れてしまうこともあります。このようにムカデは室内の思いもよらないところにひそんでいたりするので厄介です。
外からの侵入を防いで屋内で繁殖しないようにできないものでしょうか。

外や庭に忌避剤を撒いておく

屋外用のムカデの忌避剤が販売されています。
環境にやさしいながらもムカデや蛇が嫌う成分でできているものがあります。庭の草取りをして大きな石は置かないなどムカデの住みかをつくらないようにします。

その上で忌避剤を屋外や庭に撒き、室内にも忌避剤を置いてムカデを退治しましょう。

ムカデはヒノキのにおいが苦手なのだそうです。ヒノキ成分配合なら赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して使えますね。


即納体制【 ムカデガードDX 24個入り】ムカデ 忌避 国産天然素材で安心。2ヶ月のロングラン効果!ムカデ対策 ムカデ駆除忌避剤 ムカデガードデラックス 天然成分のムカデ忌避剤

【ムカデ対策】天然ひのきのムカデスプレー 500ml(ムカデ忌避剤)【日本製】

噛まれてしまった!もし噛まれる前にムカデを室内で見つけた時は?

ゴキブリと同じで叩くなりして退治し、処理します。

注意してほしいのは、処理する際は、死骸を絶対に素手で触らないことです。
火ばさみや割りばしなどでつまんで処理します。

ムカデの体は堅く鎧のようになっています。
ゴキブリのように新聞を丸めて数回叩いただけでは死にません。スリッパを履いたまま足で何度もたたきつぶすなどします。

動いていないと思って素手でつかむと
いきなり噛まれることがあります。

毒はまだ残っています。

ムカデ1匹を処理した後の注意

室内でムカデに遭遇して退治したとします。
1匹を処理をしても安心はできません。

なぜならムカデは「つがい」でいるからです。

1匹処理をしたら、近くにもう1匹いる可能性があります。
近くの暗くて湿気のあるところ、物を動かしてその下を探してみてください。

もし探せなかったら、室内のどこかにムカデがひそんでいる可能性があるわけです。これが怖いのですよね・・。
なので、ムカデが出る季節になったら、忌避剤でムカデを寄せ付けないようにしておくことがとても大事なのです。

ムカデの忌避と噛まれた時のまとめ

うちの子供の体験談で恐縮です。子供は登校前に玄関の運動靴を履いたところ足指をムカデに噛まれました。靴の中に12、3cmほどの大きなムカデがひそんでいたのです。靴下を履いたままでも腫れがわかるほどのひどさでした。歯形も残ってましたね。

病院につれていきましたが、待ち時間が長くてその間に痛みは引きました。診察時に「かゆい」と伝えたところかゆみ止めが出されただけでした。

後に皮膚科に行けばよいこと、別の個人病院に毒虫の治療と処置に詳し医師がいることを知りました。
大事に至らなかったのでよかったのですが、子供はアナフィラキシーが心配でもう噛まれたくないと今でもムカデ恐怖症です。

自然に恵まれているのはありがたいのですが、家のまわりに田畑や草木が多いと害虫の心配も出てきますね。
家に毎年ムカデが出るというご家庭は注意してください。

私も梅雨に入る前には、毎年ムカデ対策をするようにしています。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村 健康ブログ 糖質制限食へ