思考、あり方・考え方

むやみに食べるだけは卒業・休日はグリンチでお一人様映画

「グリンチ」をお一人さまシネマしてきました。

グリンチとは、アメリカではサンタクロースと同じくらい有名な
クリスマスのキャラクターなんだそうです。

児童文学者ドクター・スース原作の絵本の中のキャラクターです。

 

スポンサーリンク

糖質制限食(MEC)を実践してきて
何かおいしいもの食べたいという食欲が減り
出先でお昼になれば、カフェで昼食とかもしなくなりました。

平日の休日、自分に何か他にお金と時間をかけるとしたら?と
考えた時ふと思ったのが「映画」だったんですよね。

ウィンドウショッピングに飽きた時
2時間ほど時間をつぶせるのもいいのです。

それで上映中の映画を調べてこれ観よう♪と思いたったのが
「恋は雨上がりのように」(小松菜奈・大泉洋)でした。

その後Wワークをはじめたので時間も休みも減り
映画をみる余裕もなくなっていました。

そして先日、55歳以上は毎日1100円と知り、今日は映画をみようと
思ったのです。

とはいってもクリスマスに年末年始、
どう考えてもお金は足りないです。

もうグリンチを観るのを我慢して
もうすぐ公開される「こんな夜更けにバナナかよ」を
来月の給料日以降に観るだけにしとこう、と思っていたのです。

でもやっぱり家でゴロゴロしておくよりはと
思って一人シネマしてきました。

なんと今日観た「グリンチ」の声優さんが
大泉洋さんだったのです。

大泉さんの存在はずっと知っていたのですが
ファンというより気になる俳優さんでした。

数年前、夫がテレビに映っている大泉さんについて
「このひと、目のあたりが〇〇(うちの息子)に似てないか?」と言ったことがあって

ぜんぜん似てないので
「全く似てないよ。勘違い」と言い放った私なのですが、

その後大泉さんをテレビでみるたびに
逆に気になってきて
そういえば夫のいうとおり、上まぶたのくぼみ具合が似てるかも・・と思うようになったんです。

現実には全く似ていないのに、です!

大泉さんはすごく素晴らしい俳優さんで、
それでトークも楽しくで
だんだん好きになってきました。

でも「グリンチ」の声をされていることは
ワイドショーで紹介していたと思うのですが
すっかり忘れていました。

だれ?このグリンチの声やっている人だれだっけ?って思いながら観ていました。(まだファンとは言えない)

最後にクレジット流れるまで観てました。

杏さんやロバートの秋山竜二さんもキャラクターにぴったりでした。
女の子の声もナレーションの方も。

というわけで、お金はないくせに
グリンチのファイルとかカレンダーとか
「グリンチ観ましたよ~大泉さん!」という思いを込めて
買ってしまいました。

食費にお金をかけなくなったら
また別のところで浪費?な私です。

(苦笑)

あー娘が早く学校から帰ってきた・・
誘って夕方から一緒にグリンチ観ればよかった。

 

スポンサーリンク