糖質オフの食べ方、食材

もち麦でダイエットのおすすめの食べ方

もち麦が流行っていますね。
もち麦でダイエットができるのでしょうか。

栄養があるからといって食べ過ぎてはいけないです。

おすすめの食べ方があるので
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

食事で健康に痩せるために大切なこと

それは、糖質の摂取を控えて
いかに血糖値を上げないようにするか
なんです。

もち麦も穀物で
炭水化物からできています。

なんでもそうですが、
たくさんの量を食べれば糖質摂取過多となります。

健康な人でも
食事の後は血糖値が上がっています。

そこでインスリンというホルモンが
「火消し」の役割を担って
血糖値を下げてくれるのですが、

糖質を摂り過ぎてしまうと
火消しが間に合わずに

内臓脂肪となるわけです。

もち麦でなぜ痩せられると言われていのか

もち麦に含まれる
βグルカンという食物繊維が糖の吸収を抑えると言われているからです。

βグルカンは水溶性の食物繊維のひとつで
腸内環境を整え便秘予防にもいいとされています。

私ももち麦をご飯に混ぜて炊いていた時代があります。

もち麦のよいところは
プチプチと噛み応えがあるので
しっかりと噛むことができるところです。

よく噛むことは、
ダイエットではとても大事なんです。

ゆっくり食べ物をかみ砕くことで
栄養もしっかり吸収されていきます。

よく噛むことで満足感や満腹感が増すので
全体の食べる量を抑えられるところが
メリットと言えます。

太っている人は、よく噛んでおらず早食いの人が多いそうですよ。

もち麦を食べたら痩せると言われても
食べ過ぎては
痩せることは難しいと思います。

たんぱく質やビタミンなど
バランスよくとらないと
栄養不足となり
健康的に痩せることはできませんね。

白米に混ぜて炊くのが
一番食べやすいと思います。

もち麦でダイエットのおすすめの食べ方

ダイエットの近道は
血糖値の上昇を抑える食事をすることですから、

食べる順番を変えることがおすすめですよ。

まずお肉やお魚などのたんぱく質を先に
食べると満足感が出ます。

そして、そのほかの付け合わせの野菜や
サラダなどを食べていきます。

ご飯などの炭水化物はできるだけ
後のほうで食べます。

案外、おかずだけでお腹いっぱいになるものです。

するとだんだんとご飯を食べる量が減っていきます。
いきなり止めて禁断症状が出ると元の木阿弥なので

ご飯類はできたら最後か、
少しの量を口に入れるようにしていきます。

糖質の摂取を抑えることがポイントです。

健康な方でも、自己流のダイエットはしない方がいいです。
ダイエット専門の栄養士さんや糖質制限に詳しい専門医に相談してくださいね。

スポンサーリンク