趣味・楽しみ

おせち料理やめた

今年も今日を入れてあと4日です。

今年は(来年のお正月の)
おせち料理を準備しないと決めました。

スポンサーリンク

この場にいちいち書くまでもないのですが。

おせち料理作りに
時間もお金を使わないことにしました。

理由はいろいろあります。例えば予算。

年末は材料費が高騰しすぎです。

毎年思うのですが、いつものスーパーで
レンコンやごぼう、人参などお野菜がお高めになります。

特におせち料理の材料は
粒のよい〇〇の黒豆だと一袋何グラム入り?

・・2000円近くしますね。

以前は錆び釘を作っておいて、コトコト
石油ストーブの上で煮たりして
里の母のように作っていたけど、今年はしません。

子供をおんぶしておせち料理をガンバッて
つくった時期もありましたけど。

今、糖質制限中なので
普段の煮物には白砂糖もキビ砂糖も使いません。

ラカントやシュガーカットでつくった
煮物は甘味あっさりしています。
自分で作った料理は糖質量としては安心です。

そうそう、糖質制限はじめて、最初のお正月に
糖質制限のおせち料理(お重)を注文したことがあります。

甘味にエリストールが使われて
それぞれ糖質量もキチンと表示されていいました。

味はそれなりに美味しかったのですが、
なんと、万単位の出費でした。

最近「平成最期の〇〇」のキャッチフレーズが叫ばれており
ネットでも「平成最期の豪華おせち」とか何とかで売り出されていますよね。

時間をかけずに準備できて
家族揃って美味しいおせち料理をいただくのも
その家の価値観。

今のわが家には
おせち料理を購入するほど余裕はないし、
手づくりでも時間とお金が
それなりにかかります。

なんといってもおせち料理をやめた理由は、
わが家は子供たちが
元旦出勤だったりで
家族一同揃わなくなったのです。

お雑煮だけは準備して
元旦に居る人だけでいただき
夫の実家にあいさつに行くのが
数年前からのお正月です。

また、子供たちが結婚して
孫ができて
家族で帰ってきてくれるようになったら
そのとき、昔を思い出して
おせち料理を再開するかもしれません。
いつのことになるやらですが。

それまでは年末は
パートに出て
大晦日はのんびり過ごすことにします。

笑ってはいけないがついていても、
子供たちの笑い声が無いのが寂しいです。

スポンサーリンク